費用

温泉開発にかかる費用

温泉開発にかかる費用は地質や面積などによって異なります。一例として調査費用に200万円〜400万円、掘削には軟質な岩盤で4,000万円から6,000万円、硬質な岩盤では5,000万円から7,000万円程度かかるようです。 温泉開発には様々な段階があり、調査、掘削、ポンプ設置、配管給湯設備設置などがあります。地下の見えない部分を探るので、事前の見積もり通りに工事が進捗するとは限らず、各段階で見直しが発生します。段階ごとに見積もりを出している業者もあります。給湯開始後のメンテナンスも必要なため、総合的には1億円〜2億円程度の開発費用がかかることもあります。企業によっては机上調査までは無料で行うこともあるようです。

温泉掘削の技術と開発の流れ

温泉掘削技術は、手掘りや上総掘りの時代から、パーカッション、ロータリーなどの機械を導入した機械掘りまで変遷を経てきました。掘削技術に長けた鉱山関係の企業を起源とし、その技術を温泉開発に活かしているという会社もあるようです。 温泉開発はまず、机上調査、現地での地質調査や物理調査などを経て、温泉を掘削する地点を決定します。 都道府県に温泉掘削許可申請を行うと、温泉ボーリング工事が開始されます。場所によっては地下1,000メートルより深く掘削する場合もあります。 次に温泉を汲み上げるポンプを設置し、揚湯試験を行い、温泉分析を行います。付帯設備が完成したら給湯開始です。 給湯が開始されても、定期的なメンテナンスを行う必要があります。